■4コマ■ にゃ。

 













たんこの存在すら気づいてなかったかも…






たんこ を目の前にして

「ケージから出せ出せダンス」

出せるわけないだろーっ(^皿^;)




たんこを知らない方はコチラ♪←クリック♪







~~~~~~~~~~~~~




実は、夫の祖母は5月(GW)~7月末まで

入院してたのです。

ばーちゃんの様子がおかしいのに気付き

救急車を呼んだのは、うちらでした。



要介護にはなってしまったけど、元気になって

やっと退院して、お盆に合わせて自宅へ帰宅。


一人暮らしだから

たんこは もちろん外へ出されました。

元は野良猫出身なので

夏の間は納屋で過ごしてたのでしょう。

お隣さんにエサの事は頼んでおいたのだけど

だいぶ痩せておりました。


「たんこ、ばーちゃんいないから

 どこか行っちゃうかもねぇ…」と

夫と話してたけど

うちらが到着するや、すぐに

「にゃー!」といって出てきました。

ず~っと、ばーちゃんの帰りを待ってたんだね。


一時的にお世話になってる親せき宅へ

ばーちゃんを、お迎えに行って帰宅後

たんこは、ばーちゃんと、ばーちゃんのベッドのそばを

片時も離れませんでした。

3か月ぶりの再会 & 「我が家」。

ばーちゃんも、たんこも

思いはひとしおだったことでしょう…(*^ー^*)


(そりゃ夢次 相手にしてる場合じゃないわな(笑)



ばーちゃんの体調を考え

親せきさんは一気に集まらず

日にちをずらして集まったお盆でした。


とにもかくにも、

ばーちゃん元気になってよかった!!!













~~~ 追記 ~~~


たんこが外に出されてかわいそう、というご意見をいただきました。

それは、もちろん、あたしも夫も、みんな同意見です。

けど、たんこの世話のために、ばーちゃんの家に行くまで

みな、片道2時間以上かけて山道を通うことになります。


たんこは、山の中の本当の山育ち。

大自然の中、池の水を飲み

ネズミなどの小動物を食べて

自由気ままに暮らしてきた猫。


ばーちゃんのいない、車の多く走る知らない街へ

突然 連れて行かれ

一切、外に出してもらえない状況を作るほうが

たんこにとってはストレスだと思いました。

現実問題、みな借家住まいなので

猫を飼える親せきもいません…



「ばーちゃんの猫」と表現していますが

たんこは、今も「野良」を続けていて

何日も何日も帰ってこず

ばーちゃんが心配する日も多々あります。


「納屋にエサと水だけ、おいてあげて」というのは

ばーちゃんが帰ってくるまでの間

たんこを、無理やりどこかへ連れて行かず

住み慣れた「なわばり」で変わらず

過ごさせてあげたいという気持からです。

「気が向けば、ばーちゃんの所に来る」と表現したほうが

正しかったかもしれません。


私は「楽しい4コマブログ」を目指しております…

4コマの後ろには、実際、どちらのお宅にもあるような

たくさんの悩みや問題もあります。

その、それぞれの事情を載せるのは

話が重くなってしまうので省略したのですが

言葉足らずで誤解をさせてしまって申し訳ありません。


それぞれの家庭の、それぞれの事情があることを

お察し頂けると幸いです…。














ポチポチッとお願いします

主婦日記ブログ   人気ブログランキング
にほんブログ村 主婦日記ブログへ    

いつも応援・気持玉 ありがとうございます!(*^▽^*)




"■4コマ■ にゃ。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: